PC・周辺機器

中華製の激安USB-DACヘッドホンアンプをPCに導入したら音質が向上した!【Signstek】

投稿日:

 

PCの音質を向上したいけど、オーディオの知識は皆無……。

フリーランスでテープ起こしの仕事をしているのでPCから音を聞く機会が多いのですが、Mac mini(Late 2014)の内蔵スピーカーの音質はお世辞にもいいものとは言えません。

むしろ悪い……(笑)。

これまでは、ロジクールのステレオスピーカーを使っていたのですが、どうもこもるような音が気になる。

スピーカー導入時の記事はコチラ

Mac mini(2014)購入レビュー【周辺機器編】

続きを見る

 

音楽を聴いたり、YouTubeを視聴したりする分には問題ないのですが、使い道がテープ起こしとなると微妙なところで、もっと音質を向上できないかとAmazonでいい商品を探っていたところUSB-DACというものを発見

使い方とかよく分からないけど、安いしダメ元で買ってみよう!と思って購入したら、あらびっくり……。

音めっちゃクリアになるー!!

接続も簡単だし値段も安い、簡単にPCの音質向上を図れる優れもの、「Signstek Audio USB-DAC ヘッドフォンアンプ」を紹介したいと思います。

 

そもそもUSB-DACって?

USB-DACのUSBは皆さんが知っているUSBで、たぶんUSBで繋げるという意味です。(適当すぎw)

DACはDigital to Analog Converterの略です。つまり、デジタル信号からアナログ信号に変換してくれるアイテム。

パソコンにもDACは内蔵されているらしいけど、音楽用じゃないからしょぼくて雑音が多いとかなんとか。

そんな雑音の悩みを解決してくれるのがUSB-DAC。

とにかく音が良くなるってことです!

 

激安中華製USB-DAC ヘッドフォンアンプ

たぶん「Signstek」というのがメーカー名? だと思います。

よく分からないし聞いたことないけど、Amazonで3,000円未満で買えるしダメ元でぽちっと!

そして、届いた。

プチプチに包まれ、小さい段ボールに無造作に入っていた。漂う中華製感w

安いのにUSBケーブルが付属しているので、すぐにPCと繋ぐことができます。

つくりもシンプルで、軽いですが意外と安さは感じません。

 

セッティング方法

 

 

繋ぎ方はさまざまですが、僕の使い方はMac mini → USB-DAC(本製品)→ イヤホン

という感じで音を出しています。

イヤホンで出力しなくても、パワーアンプやスピーカーに繋ぐこともできるようです。

 

まずは付属のUSBケーブルでUSB-DACとPCを繋ぎます。

「USB IN」と書かれているところにB側(細いほう)を差し込み、PCのUSBポートにA側を差し込みます。

これだけでPCとの接続完了! めちゃくちゃ簡単。

でもこれだけでは音が聞けないので、「HEADPHONE」のところにヘッドフォン端子を差し込みます。

 

PCの設定(Mac mini)

専用のソフトなどは不要です。

ただ、接続しても音が出ない場合はサウンドの出力がUSB-DACになっていない場合があるので、PC側の設定が必要になります。

Appleマークからシステム環境設定→サウンドをクリック。

「出力」の「USB Audio DAC」を選択。これでオッケーです。

 

明らかに音質が向上した

ぶっちゃけ音質の向上はあまり期待していなかったのですが、オーディオに全く無知の僕が聞いても分かるくらい、明らかに音がクリアになりました。

いつも後ろのほうで小さい音でなっていた「ブーーー」っていう感じの音がなくなったんです。

音のバランスも良くなり、人の声が聞き取りやすくなりました。

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • オーディオは詳しくないけどPCの音質を向上したい
  • USB-DACが欲しいけど高価なものは買えない
  • 全体的にバランスの良い音を楽しみたい

 

-PC・周辺機器
-

Copyright© HALOG(ハルログ) , 2019 All Rights Reserved.