MacでGoogle Chromeが起動しなくなった! 対処方法を紹介

どうもっ!はるおです。

僕は、Windowsのノートパソコン、MacBook Air、Mac miniと3台のPCを所有しています。

Windowsはほぼ使っておらず、メインマシンがMac mini、サブマシンがMacBook Air。MacBook Airは主に外出先でPCを使う際に使用しています。

メインマシンのMac miniは最新のOSですが、MacBook Airは「Mac OS X Mavericks」でした。

そして、事件が発生!

スポンサーリンク

OSアップグレード後にGoogle Chromが起動しない!!

なんとなくMacBook Airを「Mac OS X EI Captan」にアップグレードすることを決意。今更感すごいですが…。

無事にアップグレードして、いつものようにChromeを起動しようとしましたが起動しません。何度トライしても起動しません。なんてこと…。

再びChromeが起動するまでに約3時間かかりました。オーマイガー。

僕のような犠牲者を減らすために、僕がとった解決方法を紹介します。誰かのお役にたてればこの3時間は無駄にならないでしょう。

では、どうぞ。

対処法を調べて実践

Googleヘルプで調べていくつかの方法を試してみました。

サイト Chrome がクラッシュするか起動しない問題を解決する

  • Chromeを再インストールする
  • MacBook Airを再起動する
  • Chromeがすでに起動していないか確認する

上の3つの方法を実行しましたが起動せず…。調子に乗って アップグレードしたからだと後悔…。
Finder > ライブラリ > Application Support  >  Google > ChromeでChromeフォルダを削除し、再起動からのChrome再インストールという方法も試しましたが何も起こらず。

困った時は情報を見よ

こういう時は問題をチェックすべきだと大学で習ったぞと、よくわかりもしないがおもむろに情報チェッック。

Google Chromの情報を見てみると気になる点を発見。本当に発見できると思わなかった。

FinderのアプリケーションからGoogle Chromを選択し、「command + I 」で情報を見ることができます。

アクセス権に問題発覚

なんと自分のアクセス権が「読み出しのみ」になっているではないか!!

何時間も私を苦しめた原因はこれだと確信。ということで、アクセス権を変更します。

アクセス権の変更

まずは、右下の鍵マークのクリックしてパスワードを入力します。このロックを解除しないと変更できません。ロックが解除できたら、アクセス権を「読み / 書き」に変更します。

次に左下のほうにある歯車のアイコンをクリックして、内包している項目に適用」を選択します。

変更が完了したら、再び右下の鍵マークをクリックしてロックしましょう。

これで無事にChromeが起動しました!

まとめ

急にChromeが起動しなくなったり、僕のようにOSのアップデート後に起動しなくなってしまった人は、一度アクセス権をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です