カーメンテナンス

素人が経年劣化した車のヘッドライトをピカピカに!耐水ペーバーで黄ばみを除去

更新日:

 

どうもっ!はるお(@haruo59)です。

先日、10万キロ乗った8年目の愛車フィットのヘッドライトを磨きました!

 

ヘッドライトはなぜ劣化するの?

ヘッドライトの黄ばみやくもりの原因は主に2つです。

紫外線による劣化

熱による劣化

ヘッドライトの素材として使われている「ポリカーボネート」という樹脂は熱や紫外線に弱く、年数が経ってくるとどうしても劣化してしまいます。

ガレージ駐車をして小まめに洗車やコーティングをしていれば劣化も防げるのですが、青空駐車の場合はなかなか厳しいです。年数が経ってくると尚更劣化が目立ちます。

僕の愛車も6年過ぎた頃からくもり気になり始め、最近では若干黄色っぽくなってきました...。購入してからずっと青空駐車なので、なおさら車にはダメージ大。

スポンサーリンク

黄ばみ・くもり除去の方法

カーショップなどでプロに磨いてもらう

ヘッドライトのカバーごと交換する

自分で磨く

 

ヘッドライトカバーごと交換する場合はもちろん新品になるので一番いいのですが、工賃などを含めると数万円になります。

無難なのはカーショップでヘッドライト磨きをお願いすることでしょう。磨きだけなら6,000円程度、コーティングを含めても1万程度で仕上がるようです。

1万円でできるならまあ安いほうかぁと思っていたのですがネットで調べると自分で磨けるとかなんとか....。

ぶっちゃけ、プロにお願いしても「削る」という作業内容自体は同じなのです。だったら、自分でやったほうが安いし。ブログのネタにもなるし。

 

むむむ...!これは自分でやるしかない

思い立ったら即行動です。

 

素人がヘッドライト磨きに挑戦

準備したもの

購入したものたち

 

①マイクロファイバークロス

水滴の拭き取りに使います。

今回はヘッドライト磨き用ののみ必要だったのでダイソーで購入しましたが、ほかにも使用用途がある場合はAmazonで数枚入りのものを買ったほうがお得です!

ちなみにダイソーで購入したものは2枚セットで100円でした。

 

メラミンスポンジ

耐水ペーパーを巻き付けて使用するために買いましたが、ぶっちゃけいりませんでした。柔らかすぎて使い物にならぬ。

硬めのコーティングスポンジのほうがおすすめです。

 

細かいところも使いやすいので小さめのほうがgood!

 

塗装用マスキングテープ

塗装面が傷つかないようマスキングするために購入。

必ず必要というわけではないですが、ボディに傷がついてしまってはヘッドライト磨きどころではないのでしっかり保護しましょう。

 

耐水ペーパー(1000番、1500番、2000番)

ホームセンターに行くと大きいサイズのものが1枚100円以下で売られているので、それをカットして使うほうがお財布に優しいです。

カットするのが面倒くさい、研磨用パッドも一緒にほしい人はセット購入がおすすめ!

 

研磨用パッドセットを購入する場合は、メラミンスポンジやコーティング用スポンジは不要です。

 

コンパウンド

耐水ペーパーで削ったあと、仕上げに磨き上げていくためのコンパウンド。

3000番、7500番、9000番の3つセットで専用スポンジもついています。

トライアルセットで量は少ないですが、半分以上残ったのでこれで十分かと思います!

 

コンパウンド拭き取りようウエス

これはなんでもオッケーですが、コンパウンドの番手ごとに分けましょう

せっかく細かい番手で磨いたあとにそれよりも粗い番手の粒子が付着した同じウエスで拭き取ってしまうと、また傷がついた状態になります。

今回は3種類の番手を使用したので、3つ用意しました。

着なくなったユニクロのTシャツを3分割して再利用しました。

 

コーティング剤

ヘッドライトを削ったままでは紫外線や熱の影響を受けやすく劣化しやすい状態のため、コーティングは必須です。

磨きとコーティングが1液で済む商品もありますが、こちらは磨き液とコーティングが分かれていて、ガラス系の強硬なコーティングのものをチョイス!

樹脂パーツにも使用可能です。

 

手順

必要なものの準備が整ったら、さっそくヘッドライトを磨いていきます。

 

  1. ヘッドライトの汚れを水で軽く洗い流す
  2. ヘッドライトの周りの塗装面をマスキングテープで保護
  3. 耐水ペーパーで磨く(1000番→1500番→2000番)
  4. コンパウンドで磨く(3000番→7500番→9000番)
  5. シャンプーで脱脂する
  6. コーティング

 

ざっとした流れはこんな感じ!

 

ヘッドライトの周りの塗装面を保護

水洗いでヘッドライトに付着している汚れを軽く洗い流し終わったら、マスキングテープで塗装面を保護します。

必ず必要というわけではないですが、うっかり耐水ペーパーで磨いた!なんてことになったら大変なので、保護しておくことをお勧めします。

 

耐水ペーパーで磨く

水にしっかり浸した耐水ペーパーで磨いていきます。

耐水ペーパーはくるくるっとなるくらい水に浸してから使いましょう! 磨いてる途中もヘッドライトに小まめに水を付けていくと磨きやすいです。

 

黄ばみやくもりがひどい場合800番から磨くことも可能ですが、1000番より粗い目で削ったものをピカピカにするのは精神力と体力を要しますので、僕のような素人には向かないようです。

 

1000番削り後

 

1500番削り後

 

2000番削り後

1000番で削り終わった段階で想像以上に曇ってびっくりしましたが、番手を上げていくごとに曇りが取れてくるで、この段階ではビビらなくてオッケー!(笑)

 

最初は黄色っぽい削り汁が出てくるので、それが出なくなったら耐水ペーパーの番手の上げ時です

 

コンパウンドで磨く

2000番の耐水ペーパーまで磨き終わったら、一度削り汁を洗い流してクロスで水分を拭き取ります。

ヘッドライトの水分が完全に取れたら、コンパウンドで磨いていきます。

付属のスポンジに適量つけて磨いていきます。

ヘッドライト以外でも言えることですが、コンパウンドで磨くときは必ず縦縦横横を意識しながら磨きましょう! 円を描くように磨いたりすると、傷の原因になります。

 

3000番磨き後

 

7500番磨き後

 

9000番磨き後

だいぶ綺麗になりました。

 

シャンプー後にコーティング

9000番で磨き終わったあとは、シャンプーをして油分やコンパウンドのカスを落としていきます。コーティングのノリを考えると脱脂シャンプーがベストですが、普通の中性シャンプーでも大丈夫です。

均一に塗り伸ばすのがなかなか大変で多少ムラができましたが、よく見ないとわからないのでオッケー!(笑)。

 

黄ばみやくもりの原因になるので、最後は必ずコーティングをしてください。

 

比較と注意点

それでは磨く前のヘッドライトと比較してみましょう。

before

after

どうですか?

 

新車同様とまではいきませんが、だいぶきれいに仕上がりました!

 

喜びと達成感は大きいですが、最後の洗車まで入れるとなんと合計5時間もかかりました(笑)。

僕はこういう作業が好きなので全然苦ではなかったですが、中途半端な気持ちで始めると途中で確実に心が折れます......。

 

注意点

  • 耐水ペーバー1000番での磨きをしっかり行って黄ばみやくもり除去する
  • コンパウンドで磨くときは必ず縦縦横横!
  • 最後のコーティングは必須!

 

もしもヘッドライトの黄ばみやくもりでお困りの方、ぜひ試してみてください!

-カーメンテナンス

Copyright© HALOG , 2018 All Rights Reserved.